アルバイトとして働く保育士

アルバイトとして働く保育士のメリットデメリットについて

保育園でもアルバイトができます。多くは保育士さんの補助をするお仕事。保育士は無資格では名乗れませんが、保育補助でなら、資格なしでも保育のお仕事ができます。求人も増えていますよ。

 

保育補助

保育園を運営するには、国家資格を持つ保育士を、既定の規模に従った人数配置する必要があります。そこへ補助として入れる人員を保育補助としています。雇用形態からアルバイト、パートの場合があります。

 

仕事内容は、保育士のお手伝いです。明確な線引きはされていないのですが、子どもたちの着替えを手伝ったり、遊びを助けたり、おむつ替え、寝貸し付けなどをすることが多い様です。保護者とのやり取りや保育ノートのチェック、書き込み等は求められないでしょう。

 

メリット

場合によっては高時給の場合も。地域差はありますが、都市部で1200円〜1300円、時間帯によっては1500円以上になるケースも見つかります。結婚や妊娠、出産をきっかけに一度保育士をやめた方が、再び保育士として復帰する前にアルバイトをするケースや、保育士を目指す学生さんが実地研修を兼ねて勤める場合もあります。

 

本来すべきことがあり、その合間にできる仕事としてバイト、パートを選択する場合には良いでしょう。一定期間頑張って働いた結果、職場から評価を得られれば、正規職員の枠が空いたときなど声をかけてもらえることもあります。

 

保育園同士、保育士同士は横でつながる傾向があります。仲間として認めてもらうことからキャリアアップできたり、より適した職場を紹介してもらうことも良くあります。保育士として将来の展望がある場合は、挑戦してみると良いでしょう。

 

デメリット

正規採用、正社員との差別化は見られます。働ける時間も人手が足りない時間帯のみに限られることが多く、もっと働きたいと感じても思うように稼働時間が増えない可能性もあります。責任ある仕事を任されずに済む反面、収入面で折り合いがつかないという意見も。

 

いくつか掛け持ちができれば、と考える方も多いですが、実際いくつもの職場に慣れるだけでもかなり負担です。社会保障が完備されていれば御の字、通勤費用なども職場によって変わるでしょう。

 

採用に向けて

履歴書の準備が必要ですが、それ以上に面接での対応が重要視されます。保育と言う業務の特性上、人となりが何より大切で、信頼できる人なのかどうかは会って話す方が良くわかると考えられています。志望動機、なぜ保育を希望するかは答えを用意しておくと良いでしょう。