保育士バンク転職求人情報

保育士バンク転職求人情報の口コミ評価やメリットデメリット

保育士専門の転職コンサルタントが、保育士の転職のために運営している珍しいサイトが「保育士バンク」です。他の保育士用転職サイトは保育園を運営していたり、人材派遣業が本業だったりしますが、こちらは保育士コンサル一本だそうです。株式会社ネクストビートが手掛けます。

 

求人取り扱い地域について

 全国

 

東京の求人が一番多いのは通常通りですが、保育士バンクには地方の求人も良く揃っています。上京して働きたい保育士への支援もされ、地域格差が生じていることを示す、統計記事も各県の求人に付随して掲載しています。(下記「特徴1」参照)

 

登録条件

 特にありません。

 

保育士、幼稚園教諭、栄養士、看護師、学生と「その他」から選択し、web登録ができます。「資格なし」求人も見つかりますが、件数は格段に減ってしまいます。これはいずれの求人サイトでも同じ状況です。

 

特徴1「地域特性を統計から解説」

求人検索で全国から県を選択します。検索結果の求人がいくつか並ぶ後に、その県での保育士の就労条件、県平均やそれが全国的に見てどの程度であるか、また保育園の数や待機児童数から見た保育士の需要の強度などを分析した記事を読むことができました。

 

これから言えるのは、もし可能であれば、有利な条件の地域へ行って働くことも可能なのでは?と考えることができる、と言うこと。地元にこだわらない保育士であれば、他県、首都圏へ行くこともありだと言えそうです。東京、神奈川などでは現状、大変保育士が不足しており、給料など就労条件が(微増ではありますが)上昇している傾向があります。

 

逆に地方でも案外好条件の中で働ける地域もあり、無理して上京せずに地元で、と言う判断の助けにもなっています。少々無理をして上京を視野に入れたけど、「このあたり、案外悪くなかったのね」となれば安心して地元でも働け、その際は報酬の相場も知ることができます。

 

特徴2「サイトの利用方法が選べる」

こちら、保育士バンクではコンサルタントのお手伝いを受けながら転職先を探す方法と、自分で直接求人へ応募する方法が選べます。誰かがお世話をしてくれるとなれば、なるべく早く転職を決断しなくては、と言う暗黙の義務感が心に生まれてしまいますよね。でも自分で求人を見ているだけなら、いつ応募しても、応募しなくても全く誰にも迷惑が掛かりません。

 

もし「来月までに」など、転職したい時期がすでに決まっているのであれば、担当さんに詳しい条件を説明してお手伝いしてもらうことが大変有利に働きますが、「なんとなく」探したい時や「もし良い条件の求人がある場合は転職したい」と言う場合は、自分で探す方が適していますね。正社員、契約社員、パートと幅広く求人を探せます。

 

保育士バンク 転職 求人