母子生活支援施設の仕事内容

保育士として母子生活支援施設で働く仕事内容について

夫を亡くしたり、それに準ずる状況にある母子に対して、生活の基礎を提供するための施設、ともいえるのが母子生活支援施設です。こちらには人員として保育士が求人されます。

 

母子生活支援施設とは

冒頭で簡単に説明しましたが、18歳ないし状況によって20歳までの子を持つひとり親の母親にとって、生活基盤を持つことは大変重要です。何らかの理由で暮らす家を確保できず、孤立しがちな家庭に対しては、支援を行う必要があります。

 

保育士の資格で就くことができる、こちらの施設での仕事は、純粋な保育士としての仕事のほか、母子相談員と言うものも。子育ての相談に乗ったり、生活に関する相談や就職に関するお手伝いも含まれ、業務内容は幅が求められます。

 

また、同施設内に保育園や託児所が設けられているケースも多く、その場合は一般的な保育園での保育士の仕事と違うことは少ないでしょう。

 

母子生活支援施設が、何らかの生活困難にある母子に対する支援を行うことが目的であることから、利用する母親は10代から案外高齢にまで、幅が広いことが予想されます。闘病中であったりDV被害を受けて来所するケースもあって、お子さんのみならず親御さんへの配慮も必要になるでしょう。

 

求人に特徴がみられます

これら施設は公営であることが多く、一度にたくさん、定期的に新卒採用を求める、と言う一般的な保育園が取る人員補てんはあまり見られません。欠員補充がほとんど、採用後は公務員になることから人気もあることが予想されます。

 

こういった施設を狙って就職活動するより、別の保育園での勤務をしながら時々、求人がないか確認すると良いでしょう。

 

もし採用されれば、安定的な職場になることも多く、現状の保育園のように入ってすぐやめる方が多い、と言う事はなさそうです。メリットが多い職場ですが、通える範囲にこの施設があるかどうか、採用枠が出るかなど、運に頼ったり、数年粘ったりする必要にも迫られます。