病院(院内保育)の仕事内容

保育士として病院(院内保育)で働く仕事内容について

病院の中で保育室が運営されていることもあります。病棟内ではなく、病院とは別、併設と言う形で運営される保育園もあります。院内保育での求人について考えます。

 

院内保育

看護師と言う仕事の特性上、務める病院が総合病院や産婦人科などでは特に、24時間の勤務がシフトで割り振られているケースが多いです。このため、中には夜間の保育を必要としている女性看護師も多く、一般の保育園では事足りないという理由から生まれた保育形態です。開業医院やがんセンターなど、病院として機能するあらゆる医院内での保育室が該当します。

 

病院の規模にもよりますが、多くは小規模の保育室、託児所として運営されますが、大病院などでは敷地内に一棟、保育園を作っている場合もあるでしょう。

 

保育業務は一般的な私営保育園同様、と考えて良いですが、24時間開所の場合も多く、固定が難しくシフトでしか働けなかったり、土日の勤務が必要だったりする場合もあります。求人の際には必要な条件が受け入れられるのか、よく確認する必要があります。

 

月給など報酬に関しては、一般的な条件と同等か、やや多め、として良いかも知れません。

 

特徴

院内保育所はここ数年、増加傾向にあります。新しく開設するケースも必然的に多い事になります。たくさんの同僚保育士との付き合いが苦手だったり、過去に嫌な経験がある方も多い保育士業界でのいざこざを、持ち込まずに働きだすことも可能だと考えられます。

 

病院が運営する場合のほか、私営保育園に入ってもらう、委託運営(支店を出してもらう形)も見られるので、より自宅から通いやすい園への移動願が出せる可能性があったり、もし院内の保育園は閉所することになっても辞めずに済むケースも想定できます。

 

少人数保育のメリットは、やはり関わる子ども、家庭の数が限定される事。常に人が入れ替わり立ち代る保育所運営は気ぜわしいと感じたことがある方や、落ち着いてじっくり保育をしたい、と理念を持っている保育士さんへはピッタリの求人だと言えます。