デイサービスの仕事内容

保育士としてデイサービスで働く仕事内容について

放課後デイサービスとか、障害クラスの学童保育などとも表現されることがあります。通常の学童保育へなじめない小学生のためにある、療育の延長のような施設のことです。

 

放課後デイサービス

事業としては、障害を持った児童を対象としています。学童保育が小学校3年生までとなるのに対し、放課後デイサービスでは18歳までを対象とするため、より幅広い年代のお子さんと関わる仕事になります。

 

未就学までの場合、「療育」と呼ばれる内容で関わる施設がありますが、この機能に加え、親御さんへのストレス軽減を目的とした施設でもあります。

 

保育士資格で入職しますが、施設の特性上、様々な障害について詳しくなる必要があるでしょう。場合によっては研修への参加が毎月必須だったり、必要に駆られて独学する方も多い職場と言えます。

 

障害児とその保護者

障害を抱えている子どもたちの保育が、それだけで困難が多いとも言えますが、実は保護者が精神的に圧迫を受けているケースも良く見られるのがデイサービスでの求人の難しい点だと言えます。発達に障害があるだけで他は全く異常がないケースなど、親としては受け入れがたいと感じ続けている方も多いそうです。

 

たくさんお話をして、相互理解を務めることが最も求められる職場と言う事ができるでしょう。やりがいは高く、社会から求められている現場であることは間違いありません。

 

求人の特徴

保育士の求人の多くは、一般的な保育園での保育士のお仕事になります。現状、保育士不足ですから、たくさんの求人が見つかりますが、公立保育園の仕事は、大変競争率が高くなる傾向があります。

 

公営、私営がありますが、公営デイサービスに就職できれば公務員になることができますので、一つ選択の幅が広がることが言えます。開園時間も比較的限定されており、パートやアルバイト求人も発生する可能性があるでしょう。

 

求人が一度にたくさん出されることはありません。就職したい施設のHP(ホームページ)をまめに確認すると良いでしょう。