英語を使うプリスクール

英語を使いバイリンガルを育てるプリスクールでの保育士求人

世界共通語としての英語習得が、学校、仕事へ幅をもたらすとされています。子どもにはせめて、英語の勉強で苦労をさせたくないと感じ、様々な工夫をして早期から英語教育を施す親御さんが増えています。

 

プリスクール、キンダーガーテン

英語を用いて保育するのがプリスクール。英語圏で幼稚園に相当するのがキンダーガーテンです。「勉強」する必要なく英語を身に着けることと、保育を兼ねている部分もあり、利用者に人気があります。園内はすべて英語。会話、指示や寝貸し付けも英語で、適応能力にあふれた幼児期の耳を育てることができます。

 

このように「英語」などある言語の中で生活することをイマージョンと言います。バイリンガルが育つのは、二つの言語のイマージョンからと言われます。教育、学問としての英語ではなく、生活に必要な言葉として受け入れることから習得が促されます。

 

これらの保育園では、必然的に英語を話す保育士が求められます。場合によっては事前テストがあったり、面接そのものが英語で行われる事もあります。TOEIC、TOEFLなどの実績が要求されることも多く、これらを受験しておく必要も出てくる場合があります。

 

就業条件など

一部で英語を話せなくても良い、と言う求人も見つかるでしょう。この場合は一般的な求人と条件はほぼ同等、保育料がやや高額になる傾向があるイマージョン保育ですが、求人としてのメリットはそう多くありません。

 

英語を話せる方も増加傾向にありますし、都市部では英語程度の条件を付けたところで求人への応募がガタンと落ちることはないようです。給料等、やや高額になるかも、と言う程度であり、各段の優遇条件ではないようです。

 

メリット

一般的な保育士と比較し、選択肢が増えることが挙げられます。英語の能力は放っておくと衰えると言われています。常時英語環境にいることで、保育士自身の英語の能力を維持することができるでしょう。

 

教育担当としてネイティブ(母語として英語を話す方)の教員が採用されている確率も非常に高く、勉強を続けたい方にはもってこいの職場になるでしょう。