グローバルキッズ保育士転職求人

グローバルキッズ保育士転職求人の評価やメリットデメリット

東京、横浜を中心にたくさんの保育園、学童保育所を運営しているのがグローバルキッズ。こちらは採用サイトをネット上に設けて人員を募集しています。他の会社の求人は扱いませんので、全てがグローバルキッズ系列の求人になります。

 

保育士用求人紹介サイト「保育マルシェ」はグローバルキッズの系列会社が手掛けます。保育士一人に担当を一人当て、転職をお手伝いしてくれます。様々な保育園への就業に役立つサイトです。合わせて利用しても良いでしょう。

 

求人取り扱い地域について

 東京都
 横浜市、川崎市
 千葉県
 埼玉県
 大阪府

 

登録条件

 保育士
 幼稚園教諭
 栄養士、調理師
 他、特にありません

 

保育士と保育園、保育施設とのマッチングサイトでは「登録」から求人へ応募する仕組みになっていますが、こちらでは求人に対して直接応募する形式で「エントリー」となります。正社員かパートの雇用形態で応募となります。

 

新卒採用枠では保育士か、幼稚園教諭、またいずれの資格も持っているかで初任給から若干の差が生じています。中途採用枠は資格を求められない場合もあると見られ、エントリーフォームでの「資格」についてはチェックが任意となっています。

 

グローバルキッズ系列は90園以上、大変たくさんの職場で人材が求められていますので、転勤や人員補充、園同士で応援なども発生するかも知れません。より通いやすい場所を探して転勤を願い出るなどすれば、転職より簡単に職場を変えることもできそうです。

 

特徴1「実践的な研修」

保育士としてのスキルアップ研修は各社、用意があることも多いですが、こちらでの研修はより実践的。保育士養成などが目的ではなく、「よりよく保育するため」の研修であるとみられます。

 

と言うのは、子どもたちへのアプローチ法など一般的に行われる研修内容はもちろん、「主任向け」「園長向け」研修では、コーチングスキルやコミュニケーションスキルを学びます。リーダーを養成する仕組みがHPで紹介されています。

 

働きやすい職場には、優れたリーダーが必ずいるものです。リーダー不在の組織では、問題解決がされずなあなあであることも多い事から、重要なポイントを掴んでいると言えるでしょう。

 

特徴2「海外研修」

幼児教育先進国であるフィンランドなど諸外国への研修旅行もHPで紹介されています。参加方法や参加条件などは明記されていません。複数の視点、色んな方法を学ぶことは視野を広げ、固定概念を壊す働きをもたらします。より柔軟な考え方を持つことや、今一度自身の保育についての考えを見直したり、やはりこれで良い、とより考えを強くするにはもってこいの機会になるでしょう。

 

その他

90園を運営するグローバルキッズ、グループ企業として「六(ろく)」と言う会社も持っています。こちらは創業社が個人運営していた保育園を改めて会社にしたもので、「和」風の印象があります。転職サイト、「保育マルシェ」もこの「株式会社ろく」が運営しています。

 

グローバルキッズ 保育士 転職 求人