派遣社員として働く保育士

派遣社員として働く保育士のメリットデメリットについて

未経験の方も、保育士復帰の方も、「まずは派遣会社」と考える方も多いみたいです。どこが強みでしょうか。またどこか不利な点もきっとあるはず。調査してみましたのでご確認下さい。

 

保育士派遣会社

全国的な保育士不足が続いている中、求められる人材を一カ所に集め、不足している現場へ派遣すること。これが生業(なりわい)として成立したのが派遣会社です。昔は見つけにくい特殊技能や資格保持者を主に扱っていたのですが、現在は単純作業の工員などまで範囲が広がっています。保育士は「技能者を集めたい」と言う趣旨のものと見られます。他には看護師、SE(システムエンジニア)なども専門の派遣会社が多数あります。

 

派遣会社へ登録し就労条件を伝えておくと、条件に合う現場とマッチングしてくれます。自分であちこち求人を探す必要がなく、細かい契約条件を詰めることも、派遣会社へ登録する時の1回で済みます。同じ現場で長く続けたい、あるいは短期が良い。また残業が無理、妊娠希望など、就労条件が限定されがちな女性には合っています。

 

給料は比較的高めと言われます。その点もパートとして保育園へ入るより有利とされますが、派遣保育士として選ぶほど仕事があるのは都心に限られると言われます。地方では望むほど派遣が求められていません。

 

派遣から本契約(正規雇用)へ発展するケースもたくさんあり、自分にあった職場を探すために登録している方も大変多いです。

 

メリットをまとめましょう

保育士派遣会社へ登録するメリットは、忙しい毎日の中で職場を探す手間をいくらか省くことができるところ。パート、アルバイトの保育士と言う方法もありますが、比較すると派遣の方が高時給であることが多いです。契約が短期や期限付きな場合が多く、更新や、別な職場へ移ることが選べる場合も多いです。

 

頑張って認めてもらえれば、その職場で正規採用してもらえることも多く、望めば業務内容を限定することもできます。保育園のイベントの手伝い、残業、担任など、できないことがあれば主張することも可能です。

 

デメリットもあります

派遣会社とて完ぺきではありません。登録しても望む条件の職場が見つからなければ紹介してもらえませんし、時給は高いですがボーナスはほぼ出ません。「良い職場に」巡り会いたいのと同じで、「良い派遣会社に巡り会う」ことが必要だとも言えます。そもそも都市部では活躍の場が多い派遣保育士ですが、地方では需要があまりないとも言われています。

 

職場で正規採用してもらえるのは、あくまでも両者納得の場合のみ。望んでも雇用側がノーと言う場合はできませんし、「あれもできない、これも無理」と言う人を快く受け入れてくれる職場は、保育士のみならず多くないでしょう。

 

保育士派遣会社の口コミで評判を調べたり、自分でも求人を探しながら並行して利用してみる、と言う方も多いです。