ジョブメドレー保育士転職求人

ジョブメドレー保育士転職求人情報の評価メリットデメリット

医療、福祉関係の職種を扱う求人、転職サイト、ジョブメドレー。他業種入り混じっているのが特徴的です。

 

求人取り扱い地域について

 全国

 

たくさんの職種から「保育士」を選択すると、日本地図が目立つ保育士求人ページが現れます。こちら、各県ごとに求人件数が一目瞭然。探したい地域での求人取り扱いがあることがすぐにわかるのはかなりメリットです。

 

全国対応するサイトは他にもありますが、地方では数件しか扱わなかったり、場合によっては1件も見つからないこともあります。探して見てその状況に気付くと結構がっかりしますが、こちらではとりあえず「ある」「ない」がはっきりします。時間も手間もがっかりも、かなり省くことができますね。もちろん、望む条件で募集があるかどうかは、そこから調べていくことになるでしょう。

 

登録条件

 特にありません。

 

保育士の場合は、保育士、幼稚園教諭、保育補助などを選択することができます。ジョブメドレーの特徴として、他業種の正社員、契約社員などの求人が混在していること。保育士としても、歯科衛生士としても求人を探すことができるでしょう。資格を複数持つ方には、便利でありがたい求人サイトの構造になっています。

 

特徴1「お祝い金あり」

ジョブメドレーを利用して入職すると、条件が整えばお祝い金がもらえることもあります。申告制で、条件については明示されていませんが、もし貰えるならいくらでもラッキー、嬉しいですよね。

 

特徴2「スカウト制度あり」

転職サイトでは、求人を出す企業へ個人を紹介することが多いと思われます。でも案外逆に、「こんな方が仕事を探しています」と言う形で、企業が個人を選ぶことも良く行われています。これはこちらのサイト、ジョブメドレーに限った仕組みではありませんが、ジョブメドレーの場合、「スカウト」と言う仕組みとして紹介されており、より明確になっている点はメリットです。

 

どうしても求人を「選ぶ」ことに慣れているので、想像がつきにくいかも知れませんが、「選ばれる」ことからはたくさんのメリットが見つかります。一般的な求人への応募では、もし個人が好ましいと感じても採用するかどうかはその後、企業が決定権を持っています。でもスカウトでは、あらかじめ企業が個人を選んだ後に個人へ通達しますので、最終的に就業するかどうかは個人が判断できます。

 

優位性が持てる、と考えても良いでしょう。面接など、苦手意識がある方は、こういった形で入職できればかなり有利なのではないでしょうか。

 

口コミではこの点で「要注意」と警鐘を鳴らしています。なかなか求人が来ない企業がスカウトをする、と指摘しています。これは保育士個人が条件を見定めることで回避できる問題でしょう。安易に決めないこと、納得してから決めることを心がけましょう。

 

ジョブメドレー 保育士 転職 求人