契約社員として働く保育士

契約社員として働く保育士のメリットデメリットについて

保育士の中でも雇用契約の方式としては正規採用と非正規採用、パートやアルバイトもあります。こちらでは契約社員として保育士になった場合のメリットとデメリットの解説をして参ります。

 

パート以上、正規採用未満

契約社員を簡単に表現すると、こうなります。正社員ほどがっちり勤めずに、パートよりは時給を確保する就労スタイルと言う事で、現在増加傾向にある保育士の就職方法になっています。未経験でも雇ってもらいやすく、キャリアを積みたいと考えている新人保育士に多く、だいたいが1年契約を毎年更新する形が取られます。

 

正規採用では主任、副園長、園長など、意外と早くに任されることも見られる保育業界ですが、契約社員にはそれらの責務は回ってこないでしょう。個人と会社との契約のもとに取り決められる就労スタイルなので、「残業ができなくなった」など就労条件を契約時に見直せたり、更新せずに退職することも正社員よりは融通が利きやすい点がメリットです。

 

一番大きなメリットは、働いてみて、互いが望んだ場合には正社員にキャリアアップすることができるところです。入れ替わりの激しい保育業界では、職場との相性や保育への適正などを見極めることが最重要、最初は契約社員として雇い入れることが良くあるためです。

 

不利な点(デメリット)

便利な就労形態にはやはり難点もあります。給料やボーナスなど、報酬に関しては正社員とは区別する可能性があります。もっとも、だからこそ正社員になることを励みに頑張るともいえるのですが、中には業務に差がないのに収入が大分違う、と言う職場もあり得ます。

 

気を付けたいことは、契約時にすべてが決まってしまう点です。通常契約社員と言う就労スタイルではなかなか福利厚生が望めず、通勤費や業務内容もあいまいなままになりがちです。退職金が出なかったり、だいたいの場合は大丈夫ですが、社会保険がきちんとかかっているかにも気を付けましょう。

 

もし正規採用を求めるなら、当初からそのつもりがあるか、雇用主へ確認しておくのも良いでしょう。夢を持って仕事ができるかどうかは、モチベーションに関わる大変重要事項です。求める就労形態にこだわることは、決して恥ずかしいことではなく、むしろ「しっかり者」と認識してもらえるかも知れません。

 

でも契約社員は契約さえ確認を怠らなければ、かなり働きやすいと言われます。「お休みが取りにくいのは困る」「責任を受け止める必要が生じるよりは」と好んで就労スタイルを選ぶ方法も悪くありません。