保育士の休日

保育士の休日(平日休み・土日休み)について

働き方が多様化して、必ずしも土日が休日と言う訳でもなくなりましたが、実際にやっぱり一番多いのは土日祝日休みです。保育園の多くはそれに準じた運営を行いますが、こちらも働き方の多様化に連動し、かなり多様化しています。休日におけるメリット、デメリットを考えてみましょう。

 

土日休み

現状、保育園の多くは日曜はお休み、土曜日も利用者さんへは可能な限りお休みにしてほしい、とお願いされている園が多いのかも知れません。利用者が少なければ人員を配置しなくても良い、つまり土日のみに必要な経費、休日手当を減らしたい、土日にかかる人員を極力減らしたい意向があります。

 

土日休みを希望する保育士さんは多いです。特にお子さんを別な保育園へ預けている保育士さんは、二つの保育園の都合を合わせられれば、職場へ迷惑が掛からないため、特に希望されるでしょう。

 

しかし現実には、かなり難しい状況だと言えます。完全に固定で土日のみ休む保育士さんは少ないのかも知れません。かなりの保育園が「土曜保育」を行っていて、さらに日曜日も開園する園も増えて来ています。このため、ほとんどが隔週で土日休みや、土曜出勤シフトを交代で、と言う対応をしているところがほとんどです。

 

特に正規採用では、必要な保育士数を確保する必要からも難しいところですが、パートなどで午前中のみ、時短などで仕事をする場合は土日を休みにできる可能性があります。

 

平日休み

土日も開園する保育園では、職員の交代で土日休み、平日休みを取る慣例があるようです。場合によっては職員の都合を優先できる場合もあって、他の保育士から不満が出ないから、その方が好都合などの場合に限定されるとも考えられますが、土日は完全に休みを取れる方もいるでしょう。

 

平日休みは隔週や、土日出勤の代休などの他、土曜日のみ必ず休み、もう一日は平日休みだったり、水曜日と日曜日が必ず休みなど、おおむね週に2日の休日が設けられることが多いです。

 

平日休みのメリットは、週の中ほどにお休みがあることで体調管理がしやすくなることや、銀行、役所、病院等へ通いやすくなること、自身が子どもを持っている場合、こどもの保育園もお休みにでき、こどもの体調面も安定することが言われます。

 

わがままじゃない?

おうちや家族、ご自分の都合でどうしてもお休みにしなくてはならない曜日がある場合、保育園へ相談しなくてはなりません。無理を重ねて働けなくなる方が、園にとっては迷惑になりますし、案外都合が良い場合もあるものです。パートやアルバイト保育士さんで、土日しか来られない方もいますし、困っていることは相談するに限ります。