保育士の給料

保育士の平均給料やボーナス・労働条件や待遇などについて

よく聞くのが、保育士さんのお給料は安いらしい、と言う噂。本当に安いのでしょうか。それがもし本当なら、なぜ安いのでしょうか。こちらで保育士さんのお給料にまつわる調べ物をしていきましょう。

 

内訳

保育士の給料の基本は月給です。賞与(ボーナス)があるケースも多く、採用方法の違いで時給の方も多いです。例えばパート採用の方は1時間いくらで、と言う形になります。他業種同様、通勤手当など補助費が出る場合も多いです。月給の場合手取りは保険料等を2、3万円程度引いて考えます。

 

平均初任給

厚生労働省が公表しているパンフレットから、保育士不足の実態が分かります。掲載されている表やグラフによれば常に人材不足と言われる状態ですが、保育士資格を持ちながら保育士にならない方は70万人いるとも言われています。なぜ保育士にならないのか。それは保育士の収入が相場より少ないことが一因と言われます。

 

保育士と言う職業、公立、私立でかなり差が開きます。公立保育園の場合、公務員として雇われます。このため他の業種の公務員との差がつかないように考えられており、ある程度の金額が保証されたり、保育士不足の現状から待遇改善を図っており、給与を引き上げている自治体もあります。

 

一般的に公務員の初任給が月給20万前後(地域で上下します)。私立保育園についても同様で、約20万円と言う点ではほぼ同じと言われますが、その後有利、不利が生まれるようです。私立保育園や補助金が出ない無認可保育園などでは年収がなかなか上がらないケースもある、と言う点が指摘されています。

 

公務員であれば徐々に年収が上がり、月収20万以上から始まり少しずつ昇給して25万、30万と、勤務し続ければそれだけ年収も上がることが多く、40歳代にもなればかなり高い収入が望めます。対し私立保育園や公立であっても正規採用以外、いわゆるパート保育士の場合は昇給等が望めない、と見ることができるのです。

 

そして現状保育園で働く多くの保育士は公立保育園であってもこの「非正規」での採用です。なぜ一般論として安いと言われるのか。時間制限の中で働こうと思うと、やはり非正規採用枠にしか手を挙げられない現実が見えてきます。自らも子どもを持つ保育士も多く、働ける時間を制限する必要がある方が多い様です。

 

労働条件、待遇

もう一つ、保育士の給料が安い理由として挙げられるのは、報酬が実際の業務内容に連動していないこと。スーパーのパートなら、時間前に出勤すれば十分ですが、保育士が相手とするのは人間。少しの失敗で大きな事故にもつながりかねず、常に万全でいることが求められます。実際クレーマーのような保護者も増えており、かなり精神力を消耗する仕事です。

 

事前に部屋を整えたり暖房、換気など、するべきことはいくらでも見つかります。子どもたちがいる間はもちろんずっと「先生」でいなくてはならず、みんなが帰った後も、片付けや明日の準備、お楽しみ会があればその準備まで、残って仕事をする保育士が多い事は指摘されています。

 

これらに賃金が発生する公立であればまだよく、時間外はサービス残業が慣例になっていたり、自宅に仕事を持ち帰る保育士も多いのだとか。

 

これらが正当に評価され、賃金として認められれば高額、高収入になり得ます。このため、一部高待遇(好待遇)の保育園への就職は、倍率が10倍とも言われます。