NPOや社会福祉法人

NPOや社会福祉法人の保育士求人について

最近求人が増えているのがNPOが運営する保育園。保育施設はこれまでも色んな形で経営されて来ましたが、NPOってどういうことなのでしょうか。詳しく調べてみました。

 

NPOって何?

そもそもの「NPO」から説明すると、公益を目的とした非営利団体を指します。求人元として「特定非営利活動法人」などと表記されていることもあります。公益とは、「みんな」つまり一部ではなくより広くたくさんにとって喜ばしい事。非営利とは、お金儲けが運営の目的ではありません、と言う事です。

 

つまり、NPO法人による保育園経営は、「不足している保育園が増えればみんな(たくさんの親御さんたち)が助かる」と言う目的があって許可を受け、成り立っています。似た組織でこれより複雑な条件、手続きで成立するのが社会福祉法人による保育園だと言われています。NPOはより簡便に設立できるとして普及してきました。

 

NPOの保育園の特徴

同じ市内の公立保育園であっても、微妙にルールや開園時間などが異なります。各園の特徴は実際にそこへ行ってみなければわからない部分が大きいものの、その運営母体の違いは影響が大きいようです。

 

認可を受けているところ、認可外のところがあり、いずれも公立保育園よりは個性的な運営をするところが多いです。小規模保育や0〜2歳までに特化したり、雰囲気作りに力を入れている園も見られます。開園時間は各園の規定によりますので、自ずと保育士さんの稼働時間もその範囲、と言う事ができます。

 

さて。「非営利団体」と言う事は、お金儲けしない事だ、と冒頭で説明しました。こちらで働く保育士さん、まさかお給料が通常以下?…と言う事はありませんのでご安心ください。お金儲けが目的ではないですが、職員をただ働きさせるなんてブラック保育園のようなことはありません。一般的なお給料で保育士さんを確保できなくては運営そのものができませんので、特筆するような劣悪な条件は見られず、おおむね問題ありません。

 

この他通勤手当や保険なども通常の保育園勤務と変わりがあるところはこれと言って見られません。たくさんある他の種類の保育園同様、良い職場もあり良くない状況であることも見られるかも知れません。見学や体験などができれば行ってみるのが一番ですね。