療育センターの仕事内容

保育士として療育センターで働く仕事内容について

保育の中でも、発達障害、知的障害など障害児に直接かかわっていくのが療育です。保育士の資格があれば業務に携わることができますが、常に勉強会があり、日々更新される専門知識を吸収し続ける必要があります。

 

療育センター

様々な形で療育が行われます。乳児、幼児のみではなく小学校、中学校、高校生くらいまで、18歳までが児童として扱われますので、場合によってはかなり大きなお子さんと接する機会もあるかも知れません。

 

社会に溶け込みにくく、生きにくいのが障害と言う表現の意味です。療育センターでは、医師や看護師、発達指導員などと協力して業務にあたる、チームの一員としての保育士であることを求められます。

 

療育関連施設にも種類がいくつかありますので、どのようなお子さんを受け入れるのかや運営時間など、業務内容を詳しく調べてから求人に応募する必要があります。一般的な保育園とは、同じ保育士の仕事でも様々に異なる点があるでしょう。

 

一般的な保育園業務と異なる点は、預かる子どもたちが一般的な発達を経ないところが一番大きいでしょう。常に知識を深める必要があり、研究成果によっては対処法やこれまでの通説が覆ることも多い分野です。保育士の中でも柔軟でおおらかな方に適する求人のようです。

 

この他、通園する回数や時間、期間など、それぞれの施設、あるいはお子さんに合わせて対応する必要があり、気配りや共感力が求められます。

 

保護者とも連携する必要がある

もちろん通常の保育園でも、保護者、親御さんと関係を綿密に築くことは大切なことです。しかしそれにもまして、療育の場合は重大な必要事項になると考えられます。

 

発達障害、知的障害、身体障碍などがあるお子さんの親御さんの中には、心理的に負担を抱えたままいらっしゃる方も大変多いです。思うように効果が現れないとも言われており、少しでも日々の暮らしができるようになるための提案や練習を行っていく目的がある療育と、現実の効果がかけ離れることも。

 

理解不足や誤解から、利用者との関係が悪くなることが多い様です。対話を惜しまないことが重要とされます。努力する必要がありますが、やりがい、充実度は求められる分、高い求人です。