保育士の新卒採用

保育士の新卒採用と注意点について

いざ保育士としてお仕事を探すときには、気をつけなくてはいけないポイントがいくつかあります。新卒採用と中途採用?公立と私立?詳しく解説して参ります。

 

新卒採用って?

保育士の求人に限らず良く聞く言葉ですが、学校を卒業してすぐ就職する方が大変多いので、企業など採用側の便宜によって「新卒」と「中途」と言う名前で採用枠を別けています。新卒採用の場合、一度にたくさん正社員採用を獲得でき、一度に教育を施して一斉に実務へ配置が可能です。対し中途採用では、必要に応じて求人を出します。その時必要な人材を、ピンポイントで獲得できるというのが採用側のメリットになります。

 

新卒者は新卒採用を狙うと良い、と言うのは、その後の研修で不足がちな社会経験を補うことができるところにあります。中途採用枠に応募して採用してもらうこともできますが、求人の性質上即戦力として求められることも多く、いざお仕事が始まった後で、教わっていない一般常識などが次々見つかり、業務になかなか集中できない、慣れないなどの困難に当たることもあるかもしれません。

 

とは言え、規模の小さい保育園では新卒でも1名のみのケースも多いです。その場合でも、新卒採用なら採用側もその認識で対応するもの。経験者より丁寧に指導してくれるでしょう。

 

保育園ならではの注意点

保育園にも色々種類があります。運営母体によって市町村や区など、各自治体の場合や、法人などの場合や個人経営もあります。国に認可されているかによっても異なり、一般家庭の中で少人数を預かる「保育ママ」や個人で一人のお子さんを預かるベビーシッターも類似する職場と言えそうです。

 

求人が出やすいのは自治体の公立保育園とそれ以外の私立保育園、大きな規模の企業保育園、院内保育園などが考えられます。このほか通っている学校に関連した保育園や知り合いのいる保育園など、コミュニティを生かした採用も多いのが保育士の特徴です。

 

現在日本中が保育士不足の状況です。どこにも仕事がない、と言う状況はあまり聞かれません。でもだからと言ってどこでも採用してもらえる、と考えるのはちょっと待って下さい。実は、2極化が問題の根底にあるのです。

 

社会の課題

今保育士として働いているのは日本にいる全保育士の一部でしかない、と言われています。新卒で保育士になる保育士各所有者は、実に半分だと言います。せっかく獲得した資格を、生かさないのはどうしてでしょうか?

 

たくさんある保育士の仕事。その実、労働に見合う給料を得られる現場が少数に限られていると言われています。求人倍率が極端に高いのは自治体の補助金が手厚い公立保育園、一部私立の、保育料が高額の保育園など。給与、キャリアに見合う昇給、ボーナス、待遇など労働条件が整っているかどうかが一番大切な判断基準となっているようです。