託児付き保育士求人

託児付き保育士求人の現状について

保育士が子どもを預ける保育園がなくて、保育士復帰ができないってお話がありました。これじゃ本末転倒、何とかならないのでしょうか。託児付き求人。保育士の…?

 

勤める保育園に入れるってあり?

これは園によって異なりますが、十分「あり」です。あるいは公立の場合、自治体ごとの決まりがある場合があります。例えば「母子同園を禁止します」と言うような、勤める保育園へ自分の子を預けることが禁止されている場合は、別の保育園を他の利用者同様探すことになります。

 

こういった決まりがなければ、保育士自身が務める保育園へ入所させることはできますが、ほとんどすべての場合において、保育士自身の子どもとはクラスを変えるなどの配慮をするでしょう。こうすることで特別扱いを避けたり、子どもの心理的負担を軽減する狙いがあると思われます。

 

実際には母子同園の親子さんにはコツなり配慮なりがあるようです。例えば「お仕事中のママはママじゃなくて先生」などとうまく子どもに教えておいたり、子どもの個性がドライなタイプである場合、うまく行くようです。

 

探してみると、私立で近隣地域にいくつかの保育園を経営しているなどの場合、グループ内、系列内で別の保育園へ入園可能など。しかしたくさん、十分にある訳ではありません。美容院内保育室など、ごく小規模ではよく見かけます。

 

企業内保育園や介護施設内保育園など、保育士以外のお仕事をしながら施設内の保育室を利用するように、保育園内の別の部屋で子どもを預かってもらう、託児付き保育士の求人は、案外少ないようです。全くないのではありませんが、ごく限られたものになりそうです。それは保育と言う業務の特性上の理由が大きいでしょう。

 

母子同園は避けるべき?

まず利用する他の保護者の視線が気になる、と言う点はあるかも知れません。保育所不足の中、保育士だから入れた?と思われれば園にも保育士にも心証が悪くなるでしょう。更に子どもとしても、チラリとでも母親が見えれば甘えたくなるものです。その気持ちをふさぐことになるので、かわいそうだと言う意見もあります。

 

園内での保育士同士の話題で、例え褒めるような内容であっても、自分の子の話が聞こえれば気持ちが良い思いはしないと言う方が多いでしょう。これらを総合的に判断すると、やはり務める園とは別の保育園へ預ける方が圧倒的に多いのだとか。

 

他の利用者同様、仕事は仕事で探し、保育園は保育園で探すのが良いと感じる方も多いですが、便利なんだから近い方が良い、とする場合もあります。考え方はそれぞれですが、保育園を運営するために欠かせない人材である保育士が、別施設での託児付きで求人されるくらいでなくては、もしかしたら保育園不足、保育士不足は解決されないのかも知れません。