保育士の転職

保育士の転職(辞める理由・中途採用を探す準備等)について

保育士の離職率の高さが、保育士不足の要因の一つだと言われています。保育士を完全にやめる方も多いのですが、実は保育園を変えたいと考えてやめる人の方が多いそうです。保育士の転職について考えます。

 

やめる理由

保育士と言う仕事の特性から、女性が大変多く、今でこそ時々男性も見かけるようになりましたが、少し前まで大変珍しかったようです。いつの時代も、またどの世界でも、女性ばかりの現場では時々、人間関係に違和感が生じるようです。他の保育士の女性を仲間として認めることができない方がいる現場では、いじめなど理不尽なことが起こりやすいです。

 

この他には待遇、給料など就労環境が望む状態では無かったり、保護者とのトラブルが原因であることも多く、より働きやすくより好待遇の園へ職場を変えたいと望む方がかなりいるとのこと。

 

現在保育士不足の状況で、他に受け口があることも離職率を高めるのかも知れません。こちらがダメなら向うへ行けばよい、と言う考えが該当します。現状ではそれだけ長く務めるための条件が満たされておらず、転職の優位性が選ばれている、と見られます。

 

中途採用を探す

上項から、中途採用はよく吟味する必要があることが分かります。あまり職員が定着しない現場は、何か良くない状況の職場であることも多く、せっかく採用されても再びすぐに離職しなくてはならない可能性もあります。しかしどんなに良い条件の職場にも、中途採用が生まれることは必ずあります。注意深く見ていく必要があり、焦りは禁物だと言えます。

 

準備すること

転職に際して筆記試験など、新卒採用試験のような準備が必要になることは稀で、面接などを一人ずつ行うことが圧倒的に多いです。新卒採用では履歴書書き方、エントリーシートの書き方などが重要でしたが、中途採用では面接でいかに的確に自己PRができるかにかかっています。

 

志望動機は保育士になった理由のほか、採用してほしい園に対するものも考えておくと良いです。あまり気張った答えよりは、「かわいい保育園で、楽しく働けそうだったから」など、好印象になるものの方が良いかも知れません。

 

中途採用はご縁が大部分だと言えます。保育士の経験者として、前職場の詳細を聞かれることがあるかも知れませんが、以前勤めていた保育園の悪口などは控えましょう。キャリアアップしたくて、色んな環境を見たかったからなど、好意的な意見でお茶を濁しても構わないでしょう。

 

中途採用の場合、求人数のピークが毎年一月に訪れますが、時期は関係なく、目星をつけている保育園については日ごろからハローワークや求人情報誌、ホームページや保育士紹介サイトなど、色んな情報を確認するのがおすすめです。